人工知能 KIBIT ビジネスソリューション

FRONTEO 人工知能 KIBIT ビジネスソリューション

Lit i View ANALYZER

Lit i View ANALYZER ※米国販売製品 デジタルフォレンジックソフトウェア

人工知能を搭載した、米国法執行機関向けデジタルフォレンジックソフトウェア

調査対象となる文書がビッグデータ化し、従来のデジタルフォレンジックツールだけでは対応が難しくなった今、膨大な数の文書の中から調査案件に関連する文書のみを精度良く効率的に調査することは、調査機関・フォレンジック調査員にとって重要な課題となっています。
Lit i View ANALYZERは、人工知能応用技術をベースにしたPredictive Codingや人物相関分析機能のCentral Linkageを搭載し、より網羅的な証拠探索が可能です。
世界的に見ると、同市場においてはすでに米国大手2社の製品が先行しており、米国の捜査機関・法執行機関等でも日本企業が開発したデータ解析ソフトが入り込む余地はこれまでありませんでした。ANALYZERは、この米国大手2社の製品には搭載されていない「独自分析機能」に特化することで、米国の各捜査機関が使用しているフォレンジックツールを補完し、捜査システムを最強のものにすることに成功しています。
※当製品は米国販売製品です。日本国内では販売しておりません。

Lit i View ANALYZERによる解析フローの概念図

主な機能

目視の4,000倍の速さで電子データを抽出

お客様が全調査対象データから数パーセントだけ調査し、人工知能「KIBIT」が事案への関係有無を判断するための教師データを作成すれば、KIBITはその判断基準で残りの全データを自動的に仕分けます。処理スピードは1時間あたりの文書数に換算すると、人為的な調査の約4,000倍です。

人工知能「KIBIT」による自動仕分けの仕組み

メールの会話内容から人物の行動を分析するCentral Linkage

Central Linkageは多角的、効率的なメール解析を可能にし、案件にとって重要なメールデータの調査・抽出を劇的に高速化します。
本機能は現在までいくつかの実案件で使用され、人工知能「KIBIT」との連携機能により、従来の手法では見落としてしまっていた重要カストディアンを検出した実績があります。

人物相関分析機能「Central Linkage」画面イメージ
Behavior Extractor

Central Linkageの行動分析機能では、文章を言語の品詞レベルまで分解し、対象者間でどのような言葉を、どのような組み合わせで使用しているかを分析します。従来であれば対象期間や、キーワード検索を用いて、重要と思われるメールの絞り込みを行っていましたが、新たな文書解析機能が実現する、「行動内容を把握し、重要なものを可視化する」という高次元のメール内容解析が、効率的な重要メールの抽出を支援します。

ドメイン相関図&TimeLine

人物相関図をさらに進化させ、ドメイン同士の相関図を作成できるようになりました。これにより、ドメイン間のメールの送受信関係が相関図で表示され、どのような企組織メールがやり取りされているかが一目で把握できます。また、メールの送受信状況は全てTimeLineで表示され、どの時期、どの企業(ドメイン)と、どの程度メールをやり取りしているか、網羅的に確認することができます。

Lit i View ANALYZERに関するお問い合わせ

その他の製品ラインアップ


Intelligence Cloud 導入ユーザー
  • Panasonic
  • FURUNO
  • TPK
  • EIZO
  • 三井住友銀行
KIBIT Knowledge Probe 導入ユーザー
  • Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  • LITALICO
  • 株式会社ソラスト
  • 株式会社横浜銀行
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社りそな銀行
KIBIT Email Auditor 導入ユーザー
  • YAZAKI
  • TOYO TIRES
  • INNOLUX
  • RACE
  • JDI
  • EVERGREEN LINE
KIBIT Patent Explorer 導入ユーザー
  • 昭和電工株式会社
  • 株式会社三菱化学テクノリサーチ
  • JFEテクノリサーチ株式会社
  • 宇部興産株式会社
  • 株式会社デンソー
  • DIC株式会社
  • アルパイン株式会社
  • 株式会社クラレ
KIBIT Patent Explorer 共同開発パートナー
  • トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

ページトップへ