KIBIT Lit i View

人間の機微を理解する人工知能エンジン「KIBIT」搭載ソリューション

Lit i View PATENT EXPLORER

Lit i View PATENT EXPLORER 人工知能による特許調査・分析システム

企業活動のグローバル化、他社とのアライアンス事業の増加などを背景に、近年企業における知財戦略の経営課題としての重要度は増す一方です。中でも出願前調査、無効資料調査などといった重要な業務である調査分析プロセスでは、膨大な情報の中から必要な情報を見つけ出さなければならないため、大変な労力と、また非常に高い専門スキルが必要とされます。
Lit i View PATENT EXPLORERは、人工知能を活用したユニークなアプローチで、見つけたい特許関連文書をスピーディーに発見するシステムです。特許調査分析業務を効率化することで、企業の新しい特許戦略立案、また研究開発への活動に集中できる環境作りに貢献致します。

こんな課題を抱えている知財ご担当者様に最適です 課題 特許調査の技術情報の範囲が広く、より膨大なデータを調査しなければならない。 解決手法 膨大な情報量の中から、調査の優先順位をつけて業務を効率化することができる。 課題 自社の新技術の権利化に向けた特許調査では、一部の専門家による高度で属人的な分析が必要。 解決手法 属人的なスキルのみに頼らず、専門家の判断、とくに卓越した暗黙知をもとに解析、それが関係者間で情報共有される。 課題 複雑で手のかかる調査業務をアウトソースしており調査にコスト、時間がかかる。 解決手法 調査スピード・精度をより向上させるための新しいアプローチ

製品の特長

調査対象の特許文書に対して、関連性の高い文書を人工知能が判断して自動で順番に表示します。さらに関連性の高い段落をピンポイントで表示するため、全ての文書を見返す必要がありません。またフィードバックをもとに再学習も自動でおこなうため精度を高めることができます。

人工知能搭載

訴訟支援、不正調査という高い精度、かつスピードが同時に求められる世界で豊富な実績から培われたFRONTEO独自開発の人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載しています。

調査分析スピードが劇的に向上

専門化の判断、とくに卓越した暗黙知を学び、特許調査分析効率を格段に向上させます。

高い精度

キーワード検索、類似検索、概念検索といった絞込みからさらに踏み込んだ分析を行います。FRONTEOの人工知能は、Landscaping(ランドスケイピング)という機械学習の手法により、精度と網羅性の高い解析が可能です。

活用範囲の発展性

案件数の多い先行技術調査、また無効資料調査等をはじめ特許調査関連の様々な用途において、高い効率化を実現できます。

検索の概念、従来型調査、PATENT EXPLORERの違い

PATENT EXPLORER/KIBITの仕組み

PATENT EXPLORERによる特許関連書類の処理は、学習・解析・仕分けというシンプルな3ステップで行われます。
見つけたい文書(発明提案書、無効化したい特許資料等)の内容を教師データとしてFRONTEOの人工知能に学ばせます。人工知能は、対象のファイルを解析し、スコアリング(点数付け)して文書を仕分けします。仕分けの結果、教師データとの関連性が高い文書がスコア順に並び、調査の着手に優先順位がつけられることで、特許関連文書のレビュー効率が格段に向上します。

人工知能「KIBIT」による自動仕分けの仕組み

PATENT EXPLORERの解析の流れ

PATENT EXPLORERによる解析の流れ~画面遷移1

人工知能にどんな内容の文書を探させるか(教師データの設定)は「あり」「なし」をクリックするだけです。

PATENT EXPLORERによる解析の流れ~画面遷移2

人工知能は自動的に文書に対して関連性の高さでスコア(点数)をつけるので、スコアの高いものから内容を確認することにより、効率的に必要な文書を探すことが出来ます。

PATENT EXPLORERによる解析の流れ~画面遷移3

関連性の高い段落を表示するだけでなく、元の特許文書全体も簡単に表示できるため、全体の内容を簡単に把握することが可能となります。

導入効果

先行技術調査、無効資料調査など、特許調査分析業務を大幅に効率化します。

分析業務のスピードアップ

膨大な特許文章の中から関連性の高い文書をスピーディーに検索できるため、限られたリソースの中で業務を大幅に効率化します

検索精度の向上

人工知能が関連性の高い文書と段落を判断するため、調査優先順位をつけることで見なくても良い文章を選別することが可能です

高度な検索スキルが不要

特許分析調査で見つけ出したい文書を「必要な」教師データとして、必要ないデータを 「不要」なデータとして学習させるだけで、高度な検索式は不要です。

効率化の検証事例(グラフ)

主な導入企業

関連資料ダウンロード

KIBIT(Lit i View PATENT EXPLORER)導入事例:トヨタテクニカルディベロップメント株式会社PDF
A4/両面

無効資料調査の工数削減に高い効果を発揮。人工知能の活用で3~10倍の効率化を実感。

Lit i View PATENT EXPLORER

資料ダウンロード

Lit i View PATENT EXPLORER フライヤーPDF
A4/両面

人工知能が発明提案書や無効化したい特許資料等の内容を学び、調査対象のファイルを解析。関連性が高い文書をスピーディーにスコア付けされた状態で抽出します。

資料ダウンロード

Lit i View PATENT EXPLORERに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社FRONTEO BI Software Sales部
03-5463-7577
株式会社UBICは、7月1日付で「株式会社FRONTEO」に
社名を変更いたしました

その他の製品ラインアップ


Intelligence Cloud 導入ユーザー
  • Panasonic
  • FURUNO
  • TPK
  • EIZO
  • 三井住友銀行
Lit i View AI助太刀侍 導入ユーザー
  • Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  • LITALICO
Lit i View EMAIL AUDITOR 導入ユーザー
  • YAZAKI
  • TOYO TIRES
  • INNOLUX
  • RACE
  • JDI
  • EVERGREEN LINE
Lit i View PATENT EXPLORER 導入ユーザー
  • 昭和電工株式会社
  • 株式会社三菱化学テクノリサーチ
  • JFEテクノリサーチ株式会社
  • 宇部興産株式会社
Lit i View PATENT EXPLORER 共同開発パートナー
  • トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

ページトップへ