人工知能 KIBIT ビジネスソリューション

FRONTEO 人工知能 KIBIT ビジネスソリューション

デジタルフォレンジック調査

デジタル・フォレンジック調査

経験豊富なFRONTEOの専門調査士が、様々な証拠や情報収集ケース(情報漏えい、労務トラブル、内部不正、デューデリジェンス)において、人工知能を活用した最先端デジタル・フォレンジック技術を駆使。法執行機関向けに詳細な事実把握と分析で「安心」と「解決策」を提供します。

デジタル・フォレンジックとは
デジタル・フォレンジックとは、インシデント・レスポンス(コンピュータやネットワークの不正使用、サービス妨害行為、意図しない情報の開示などへの対応)や法的紛争・訴訟に対し、電磁的記録の証拠保全や調査分析を行い、改ざん・毀損に関する分析・情報収集を行う一連の科学的調査手法・技術のことです。

社会背景

記憶デバイスのデータ容量の巨大化

調査対象デバイスのHDDなど記憶媒体容量は巨大化し、データ量は爆発的に増加。もはや従来の調査手法だけでは、限られた時間内で効率的に証拠となるデータを探し出すことが困難です。

メールやチャット、SNSの利用と外国人犯罪

あらゆる場面においてインターネットが普及すると共に、犯罪の現場でも連絡手段としてメールやチャット、SNS等の利用が急速に増えました。特に近年増加傾向にあるアジア系外国人による犯罪では、携帯電話やスマホが主な犯罪インフラとなっています。

調査機関の課題

アジア言語(2バイト文字)への対応

従来のデジタル・フォレンジックツールの多くは海外製品で、日本語をはじめとするアジア言語(2バイト文字)への対応は不完全です。日本国内でデジタル・フォレンジックを行うには十分な性能を備えているとは言えません。

1台の携帯電話やPCにかける限られた捜査時間

1つの事案における携帯電話やPCの押収台数は年々増加傾向にあります。警察・検察機関では、被疑者の拘留時間が限られている中で1台の携帯電話やPCにかける捜査時間は減少しており、調査士の負担はますます大きくなっています。

解決方法と導入効果

日本語・韓国語・中国語など多言語を正確に処理

日本語特有の文字コード対応をはじめ、アジア言語特有の2バイト文字にも幅広く対応しています。「シフトJIS」「JIS」「EUC-JP」など日本語の文字コード全てに対応。また、全角半角や大文字小文字を区別しての検索、正規表現や近傍検索、言語非依存の検索インデックス(N-gram)による検索など多彩な機能を実装しており、日本語・韓国語・中国語などの多言語を含む電子文書を正確に処理することが可能です。

日本語・韓国語・中国語などの多言語イメージ

人工知能により重要文書を自動的に判別

調査において最大の障壁となるのが「時間の壁」です。調査が長引くほど被害は拡大し、ブランドや信用性等の企業価値も大きく棄損する可能性が生じます。しかし調査は非常に複雑で、キーワード検索やデータマイニング技術だけでは対象物を見つけられないこともあるため、経験豊富な調査員が対応することが重要です。
デジタル・フォレンジック調査ソリューションでは、人工知能「KIBIT(キビット)」が経験豊富な調査員の調査手法を学び、大量の情報の中から重要文書を自動的に判別します。少ない人数で効率的で迅速な調査が可能です。

Predictive Codingによる調査の進捗度合いと検出する証拠文書の量との相関(グラフ)

専門知識がなくてもすぐに運用が可能

文章の内容を自動解析し、対象者間でどのような内容について会話をしているかを分析することはもちろん、個人単位での相関関係だけではなく、取引先との企業単位でのメールのやりとりを分析することも可能です。また、メールの送受信状況は全てタイムラインで表示され、どの時期、どの企業(ドメイン)と、どの程度メールをやり取りしているか、網羅的に確認することができます。従来の手法では見落としてしまっていた重要カストディアンを検出した実績もあります。

個人単位での相関関係イメージとドメイン確認表示画面

対象製品

Lit i View XAMINER

人工知能による次世代型デジタル・フォレンジックソフトウェア(官公庁限定)「Lit i View XAMINER」
人工知能が文書閲覧の精度向上と法執行機関等における犯罪捜査・不正調査の時間の短縮化を実現

関連資料ダウンロード

Central LinkagePDF
A4/両面

人物・組織単位のコミュニケーションの可視化・分析を可能にする機能。

KIBIT Email Auditorに搭載

資料ダウンロード

製品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部
03-5463-7577
株式会社UBICは、7月1日付で「株式会社FRONTEO」に
社名を変更いたしました

その他のソリューション


Intelligence Cloud 導入ユーザー
  • Panasonic
  • FURUNO
  • TPK
  • EIZO
  • 三井住友銀行
KIBIT Knowledge Probe 導入ユーザー
  • Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  • LITALICO
  • 株式会社ソラスト
  • 株式会社横浜銀行
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社りそな銀行
  • 大和住銀投信投資顧問株式会社
  • 第一三共株式会社
KIBIT Email Auditor 導入ユーザー
  • YAZAKI
  • TOYO TIRES
  • INNOLUX
  • RACE
  • JDI
  • EVERGREEN LINE
KIBIT Patent Explorer 導入ユーザー
  • 昭和電工株式会社
  • 株式会社三菱化学テクノリサーチ
  • 宇部興産株式会社
  • 株式会社デンソー
  • DIC株式会社
  • アルパイン株式会社
  • 株式会社クラレ
  • 東ソー株式会社
KIBIT Patent Explorer 共同開発パートナー
  • トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

ページトップへ