KIBIT Lit i View

人間の機微を理解する人工知能エンジン「KIBIT」搭載ソリューション

特許調査・分析・知財戦略

特許調査・分析・知財戦略

FRONTEOは、人工知能を用いた特許調査ソリューションにより、先行技術調査や無効資料調査など、サーチャーや研究・開発担当の方々による特許調査や分析業務を効率化いたします。調査対象の特許文書に対して関連性の高い文書を人工知能が判断し、自動で順番に表示。また、フィードバックをもとに再学習も自動でおこなうため、精度を高めることが可能です。

人工知能「KIBIT」による自動仕分けのイメージ

特許分析調査の現状と課題

多様化する特許情報の利用や情報入手の手段の増加、国内市場の縮小や拠点の国外移転など、特許調査を取り巻く環境は大きく変化しています。この変化に十分対処していくことが、これからの知財戦略に求められてきます。

特許調査を取り巻く環境が大きく変化

  • 世界の特許出願件数の増加と技術の高度化、複雑化
  • 環太平洋経済連携協定(TPP)による特許の保護期間の改正
  • 多様化する特許情報の利用や情報入手の手段の増加

お客様が抱える課題

人的リソースの限界

特許情報の増加により調査の範囲が広くなり人的リソースが足りない

検索精度の問題

従来の検索方法では見なくても良い文章が大量にヒットしたり検索漏れが発生する

不可欠な検索スキル

高度で属人的な検索式が必要なため、研究部門など他部門が独自で調査することが難しい

解決方法と導入効果

先行技術調査、無効資料調査など、特許調査分析業務を大幅に効率化します。

分析業務のスピードアップ

膨大な特許文章の中から関連性の高い文書をスピーディーに検索できるため、限られたリソースの中で業務を大幅に効率化します。

検索精度の向上

人工知能が関連性の高い文書と段落を判断するため、調査優先順位をつけることで見なくても良い文章を選別することが可能です。

高度な検索スキルが不要

特許分析調査で見つけ出したい文書を「必要な」教師データとして、必要ないデータを「不要」なデータとして学習させるだけで、高度な検索式の習得は不要です。

PATENT EXPLORERによる効率化の検証事例(グラフ)

対象製品

Lit i View PATENT EXPLORER

人口知能による特許調査・分析システム「Lit i View PATENT EXPLORER」
人工知能を活用したユニークなアプローチで、見つけたい特許関連文書をスピーディーに発見するシステム

関連資料ダウンロード

KIBIT(Lit i View PATENT EXPLORER)導入事例:トヨタテクニカルディベロップメント株式会社PDF
A4/両面

無効資料調査の工数削減に高い効果を発揮。人工知能の活用で3~10倍の効率化を実感。

Lit i View PATENT EXPLORER

資料ダウンロード

Lit i View PATENT EXPLORER フライヤーPDF
A4/両面

人工知能が発明提案書や無効化したい特許資料等の内容を学び、調査対象のファイルを解析。関連性が高い文書をスピーディーにスコア付けされた状態で抽出します。

資料ダウンロード

製品・サービスに関するお問い合わせ

その他のソリューション


Intelligence Cloud 導入ユーザー
  • Panasonic
  • FURUNO
  • TPK
  • EIZO
  • 三井住友銀行
Lit i View AI助太刀侍 導入ユーザー
  • Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  • LITALICO
Lit i View EMAIL AUDITOR 導入ユーザー
  • YAZAKI
  • TOYO TIRES
  • INNOLUX
  • RACE
  • JDI
  • EVERGREEN LINE
Lit i View PATENT EXPLORER 導入ユーザー
  • 昭和電工株式会社
  • 株式会社三菱化学テクノリサーチ
  • JFEテクノリサーチ株式会社
  • 宇部興産株式会社
Lit i View PATENT EXPLORER 共同開発パートナー
  • トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

ページトップへ