KIBIT Lit i View

人間の機微を理解する人工知能エンジン「KIBIT」搭載ソリューション

受注機会・失注リスクの抽出

受注チャンスと失注リスクの抽出

FRONTEOの提供する受注チャンスと失注リスクの抽出ソリューションは、管理・監督者の暗黙知を学んだ人工知能により、営業や販売員などのセールス部門におけるお客様との日々の連絡、日報などの報告書を分析。毎日のメールや日報の数が多すぎて詳細までチェックすることが難しい管理・監督者に代わり、受注機会に発展しうる情報や失注のリスクを伴う内容を見つけだします。

社会背景と課題

顧客や部下、チームメンバーとの連絡、相談、報告といったコミュニケーション手段は、今や電話などの直接的な会話から、メールやチャット、SFAといったデジタルコミュニケーションが主流になりました。この様な状況の中、社員が何を考え、どのような行動をとっているか把握することは困難になっています。
以前は部下が顧客と電話でやり取りする内容をそばで聞き、なんとなく自身の経験からくる暗黙知で「これはチャンスだ」「このままだとピンチだ」と察知していた上司でも、チャンスやピンチを見逃しがちです。
たとえ部下がメールや日報に詳細な状況を記載して報告していても、受信する数が多ければ上司も内容を読み込むことが出来ず、微妙なニュアンスや雰囲気を読み取ることは困難と言えます。

解決方法と導入効果

人工知能が全てのコミュニケーションから有益な情報を抽出

AI助太刀侍は、営業・販売部門における取引先とのメールや日報などを確認し、詳細まで読み込んで状況を把握することが難しい多忙な管理・監督者に代わり、内容を瞬時に分析してくれます。営業管理者の暗黙知を人工知能に学ばせることで、コミュニケーションに隠れた非常に些細なサインも見逃さずに、受注チャンスと失注リスクに発展しうる情報を見つけ出すことが可能です。

受注機会・失注リスクの抽出ソリューション概念イメージ

関連性の高い結果からチェックすることで効率アップ

実際に営業担当が顧客とやりとりした過去のメールなどから実データをピックアップし、見つけ出したいデータのサンプル(教師データ)として人工知能に内容を学ばせます。
この教師データを学んだ人工知能が膨大な量のメールや日報をすべて分析し、関連性の度合いに応じてスコアを付けて抽出してくれるので、効率的にチェックすることが可能です。

人工知能「KIBIT」による自動仕分けの仕組み

対象製品

Lit i View AI助太刀侍

人工知能によるビジネスデータ分析支援システム「Lit i View AI助太刀侍」
お客様の暗黙知を学んだ人工知能がコミュニケーションデータを分析し、ビジネス機会の創出とリスク回避を支援

関連資料ダウンロード

KIBIT(Lit i View AI助太刀侍)導入事例:三菱重工業株式会社PDF
A4/両面

経営判断に影響を与える国内外のニュース記事を熟練マーケターの感覚を学んだ人工知能が選定。日本語を正しく読み取り、2,000 件から100 件に絞り込むプロセスが半分以下の時間に。

Lit i View AI助太刀侍

資料ダウンロード

製品・サービスに関するお問い合わせ

その他のソリューション


Intelligence Cloud 導入ユーザー
  • Panasonic
  • FURUNO
  • TPK
  • EIZO
  • 三井住友銀行
Lit i View AI助太刀侍 導入ユーザー
  • Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  • LITALICO
Lit i View EMAIL AUDITOR 導入ユーザー
  • YAZAKI
  • TOYO TIRES
  • INNOLUX
  • RACE
  • JDI
  • EVERGREEN LINE
Lit i View PATENT EXPLORER 導入ユーザー
  • 昭和電工株式会社
  • 株式会社三菱化学テクノリサーチ
  • JFEテクノリサーチ株式会社
  • 宇部興産株式会社
  • 株式会社デンソー
Lit i View PATENT EXPLORER 共同開発パートナー
  • トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

ページトップへ